肝臓の調子に関わる水溶性の食物繊維

普段の食生活は、様々な要素に関わってきます。時には、それが肝臓に関わる事もあるのです。その重要な臓器に関わる細胞の再生がスムーズに進まず、健康に関する問題が生じる事もあります。時にはそれで、しじみのサプリが服用される事もあります。

肝臓が気になる際には、繊維などは大きなポイントになるのです。一部の食材の中には、繊維が含まれています。それは、お腹の中を清掃してくれる働きがあるので、積極摂取するのも一法です。

ただし繊維と言っても、水溶性が望ましいです。別のタイプの製品ですと、逆効果になってしまう場合があります。

また繊維は、ダイエットにも大きく関わってくるのです。よく言われる事ですが、減量がスムーズに進むか否かは、新陳代謝に左右される一面があります。

ただその代謝は、お腹の調子に大きく左右される訳です。お腹の中に老廃物が蓄積していますと、新陳代謝も微妙になってしまいます。

ですが食物繊維を摂取しますと、お腹の中も清掃されるので、代謝も正常になる傾向があります。

 

脂肪肝についてのこと

脂肪肝と糖尿病に直接的な原因はありません。つまり脂肪肝になったから必ず糖尿病になるわけではないですし、その逆もそうです。

ただし例えば尿糖の数値が高くなることで脂肪肝のリスクが高くなることは有り得ます。

尿に糖が出るのが糖尿で、それは糖が体内で分解・吸収されず排出されてしまうことです。また血液中の糖数値も上昇していることから血糖値をコントロールできていないことになります。

血糖値をコントロールするインスリンという成分が少ない、または全くでないことによって起こるもので、生まれつきだったり突然なったりします。

糖尿病はそれ自体が問題というよりは糖尿病によって引き起こされる2次的な病気のほうが怖いものです。例えば糖尿病網膜症という目の病気はよく知られています。

また日常生活で突如起こる低血糖も非常に怖いです。めまいがしたりひどい場合は意識がなくなったりします。そのため糖尿病の人はアメや砂糖を持ち歩いている人もいます。

糖尿と付き合うポイントは運動と食事です。血糖値の自分でコントロールすることができない病気ですから急激に血糖値が上がるような食事は禁止です。またカロリー過多も厳禁です。

運動をしなければカロリーが消費できず、食事ができなくなってしまうので毎日の運動も欠かせません。

最初のうちは猛烈な空腹感やイライラでストレスがたまりますが数年もすると、節制した生活に慣れて糖尿病ではない人より健康になるほどです。